close
ログイン
Facebookでログイン
or
パスワードを忘れた方はこちら
新規会員登録はこちら
close
ログイン
close
ログイン

いただいたメールアドレスへ
パスワード設定のお知らせをメール致しました。

通常数分でメールが届きますが、
30分経過してもメールが届かない場合は
下記までお問い合わせください。

GoooD運営事務局

新規会員登録
close
パスワード再発行

動画を研究するブログ 動画アカデミー

2016.10.11

時間がかかる厄介な重い動画。再生を軽くする方法とは!?

ネット上で動画を再生する時やダウンロードした動画ファイルを再生する時に、重くてまともに見られたものではないことも少なくありません。では、どのような場合に再生が重くなってしまうのか、そしてどうすれば少しでも再生を軽くすることができるのでしょうか。今日はこれらをテーマにしてを解説していきます!

 

ネット上の動画の場合

YouTubeを初めとしたネット上の動画のほとんどは、フラッシュのFLVという形式で作られています。アップロードを他の形式で行った場合でも、この形式に変換されて公開されます。

 

このFLV形式の動画は元々それほど重くありません。その代わりに画質をそれなりに落とし、出来るだけ軽く再生できるように考えられています。その為、ダウンロードをしながら同時に再生を行うことも比較的容易で、ネット上での公開用の動画形式だと言ってもいいでしょう。

 

ですが同じくフラッシュの、FLVファイルを呼び出す為のSWFファイルと連携して作られていることがあり、この場合は多少重くなります。特にストリーミングサービスはこのようなSWF形式とFLV形式の連携で行われており、再生を行っても動画ファイル本体であるFLVファイルがPC内に残らないようにしています。

 

こういった場合に少しでも再生を軽くするには、まずはフラッシュプレイヤーのアップデートです。自動更新にしていない場合は下記の公式サイトから最新版をダウンロードすることができます。

 

Adobe フラッシュ公式サイト

https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

これでも同じような場合は、動画サイトを表示するブラウザ自体を軽いものに変えてみてください。Google Chromeがおすすめです。

 

Google Chrome公式サイト

https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/

またフラッシュプレイヤーはインターネットエクスプローラ用と、それ以外のブラウザ用の2種類があります。自動更新ではどちらも最新版にアップデートされますが、自分でアップデートを行う場合は上記のサイトを表示したブラウザの方のみが更新されます。これには注意してください。

 

ここまでを行っても改善されないような場合は、PC自体のスペックの不足、もしくはネット回線の速度がその動画を再生するには足りないといったことが考えられます。一番小さいサイズまで再生する動画の画面サイズを小さくして、少しでも軽く再生できるようにしてみてください。

 

ダウンロードした動画の場合

ダウンロードした動画を再生する時には、その動画形式に合ったコーディックが必要になります。

 

動画のファイル形式で有名なものには、WMV、AVI(MP4)、MOV、MKVなどがありますが、いずれの場合もそれぞれの形式の再生コーディックが不可欠です。WMVはWindowsでは標準でサポートされていますが、その他の形式のファイルの場合はまずそれに合ったコーディックをインストールします。

 

コーディックをインストールすると、それを利用できる各種の再生ソフトからそのファイルを再生することができるようになりますが、再生がとても重い場合があります。そのような時はこれらの複数のコーディックを内部に持っている、コーディックのインストールが必要ない再生ソフトを利用してみましょう。

 

そのようなソフトには、以下のようなものがあります。

 

5K Player

「5KPlayer」は多機能な動画再生ソフトです。動作も軽くて、デザインも分りやすいため、操作しやすいと思います。動画再生ソフトとしても普通に使える上に、Youtube・ニコニコ動画等のストリーミングサイトから動画をダウンロード出来る等、動画再生以外にも活用できることがたくさんあり便利です。

 

公式HP

http://www.5kplayer.com/index-jp.htm

 

MPC-HC

シンプルなデザインで機能性・使いやすさにも優れているオープソースな動画再生ソフトです。ただこのソフトにはインターレース解除機能が付いていないので、インターレース動画を視聴する場合には「ffdshow」などの外部DirectShowフィルターを使用する必要があります。また、起動などの基本動作が軽いのと広告がないのでストレスなく、使用することができる上に、日本語対応もバッチリです。

 

公式HP

https://mpc-hc.org/downloads/

 

VLC media player

一言で言うと動作がとても軽くて、多機能で使いやすいです。「VLC media player」は「MPC-HC」と同じく、シンプルなデザインで機能性・使いやすさにも優れているオープソースな動画再生ソフト。画面は「三角コーン」のアイコンが目印です。動画エンコード機能がついているので、音声のみを抽出することもできます。また、ストリーミング配信をすることも可能。

 

公式HP

https://www.videolan.org/vlc/index.ja.html

 

Light Alloy

ロシア産の再生ソフトです。初期設定の段階で日本語対応にもすることができます。動画再生ソフトとしては、「MPC-HC」と操作性が似ているので、使いやすさは問題ないでしょう。基本的な機能も豊富に揃っています。

公式HP

http://www.light-alloy.ru/

 

SMPlayer

オープンソースである「VLC media player」や「MPC-HC」などと似たようなプレイヤーですが、UIは他のものと比べると少し独特です。多機能ではありますが、日本で使用しているユーザー数は少ないと言われています。

公式HP

http://www.smplayer.eu/

 

Qonoha

「Qonoha」は国産の動画再生ソフトです。ちなみに「Qonoha」の読み方は「木の葉」。シンプル好きな人にはこの動画再生ソフトが良いかもしれません。それほど機能もUIもかなりシンプルになっています。

公式HP

http://hp.vector.co.jp/authors/VA032094/Qonoha.html

 

POT PLAYER

好みのシーンやチャプターをブックマークしていつでも再生できたり、区間リピートを利用した指定時間帯の繰り返し再生、字幕再生、ビデオレンダラ・ピクセルシェーダ・フィルター等の各種表示設定、音声レンダラ・スピーカー出力・音量等の各種音設定、画面スナップショットの取得など、細かな調整・設定ができるソフトです。

公式HP

http://potplayer.daum.net/

 

どれもとても軽快な動作を期待でき、ほとんどファイル形式をソフトだけでサポートしています。コーディックのインストールが必要ないという点だけでも重宝できるプレイヤーだと言えます。もちろんどれもフリーソフトです。自由にダウンロードを行って利用することができます。

 

これらのソフトを利用してもまだ再生が重い場合、PC自体のスペック不足かも知れません。動画は再生時に画面いっぱいに全画面サイズで表示を行うと、再生が軽くなる場合があります。これを行ってみてください。

 

これは他のウィンドウとの表示の兼ね合いが無くなる為で、画面サイズに対して小さい動画の場合は見た目が粗くなってしまうかも知れませんが、ウィンドウ表示よりスムーズに再生を行えることも多いです。

 

またこの方法はネット上の動画再生時には当てはまらないので注意してください。ネット上の動画の場合、画面サイズを大きくするほど高画質に再生をしようと送信されてくるデータ量が多くなり、反って重くなってしまうことが多いからです。

 

まずは試してみましょう!

動画の再生の重さは、最終的には再生を行うPCのスペック次第だという点は否めません。上記を全て行っても軽くならない場合もあります。

 

ですがその動画に限っては変わったように見えない場合でも、他の動画の再生が軽くなる可能性も充分にあります。どれも行ってみて損はありません。

 

是非、一度これらの方法を試してみてください。

人気商品・サービスランキング

カテゴリ別商品・サービスランキング