close
ログイン
Facebookでログイン
or
パスワードを忘れた方はこちら
新規会員登録はこちら
close
ログイン
close
ログイン

いただいたメールアドレスへ
パスワード設定のお知らせをメール致しました。

通常数分でメールが届きますが、
30分経過してもメールが届かない場合は
下記までお問い合わせください。

GoooD運営事務局

新規会員登録
close
パスワード再発行

動画を研究するブログ 動画アカデミー

2016.11.28

【カーシェアリングサービス11選】憧れの高級車に乗る方法

皆さんは車を保有していますか。私はドライブが大好きなので、以前までは車を保有していましたが、都内に引っ越すことをきっかけに、手放してしまいました。都内であれば交通の便が整っているので、車はあまり必要なかったり、持っていても結局使用頻度が少なかったりもしますよね。また、車を保有しない多くの方の最大の理由としては「使用頻度の割には維持費がかかる」からではないでしょうか。

 

実際に、車1台保有する上でかかる維持費というと、「ガソリン代」「駐車場代」「自動車税」「保険代」「車検代」、さらには車を購入した際のローンなど様々な場面でお金がかかります。では、一体そんな車の維持費とは具体的にどのくらいかかるのでしょうか。

s_2

 

*1

普通車に関しては、5ナンバー(コンパクトカークラス)と3ナンバー(ミニバンなど大きめの車種)があり、それによっても金額が変わってくることがわかりますね!ちなみに、軽自動車の維持費は年間300,000~400,000円程度とのこと。もちろん、毎日車を運転する方は「ガソリン代」がもっとかかるかもしれませんし、車の「消耗品代」に関してもこだわりがある方等はより高くなるでしょう。それぞれの細かい金額は持ち主によって、変わると思うので、今回はあくまでも一般的な平均金額をご紹介しています。

 

こちらの表を見てもわかるように、軽自動車でも普通車でも年間30万円以上はしてしまうということがわかりましたね。毎月の金額はそんなに気にならなくても、年間金額を見てみると、車の維持費というのは家計にとっても大きな出費項目になると思います。

 

今回は、維持費を払ってまでではないけど、「特別な時には車に乗って出かけたい方」や「憧れの車種で運転してみたい」など、車を自ら保有するまでには至らないけれど、「車には乗りたい!」という方必見の、カーシェアについてご紹介していきます!

 

そもそもカーシェアリングとは

カーシェアリング(英: carsharing)とは、一般に登録を行った会員間で特定の自動車を共同使用するサービスないしはシステムのこと。自動車を借りるという面ではレンタカーと近い存在であるが、一般にレンタカーよりもごく短時間の利用を想定しており、利用者にとってはレンタカーよりも便利で安価になるように設定されていることが多い。

参考

Wikipedia

 

今では数多くの会社でカーシェアリングサービスを提供しているため、「カーシェアリング」という言葉を、どこかで見聞きしたことがある方も多いかもしれません。今このカーシェアリングが注目され、利用者が急激に増えているのをご存知ですか?

 

 s_3 s_4

公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団による統計結果を見てみると、世界的にはまだまだ普及こそされていないものの、2010年頃から一気にカーシェアリングの会員数が増加していることがわかりますね。今後、若者の車離れが加速する中で、よりカーシェアリングのサービスを利用する方が増えてくるのではないかと思います。それでは、早速具体的にどんな企業がカーシェアリングのサービスを提供しているのか見ていきましょう!

 

タイムズカープラス

Produce by  株式会社PROOX

駐車場でおなじみのタイムズが、「タイムズカープラス」という名前でシェアリングサービスを提供しています。ステーション数が業界トップなので、抜群の利便性がユーザーに選ばれる理由でもあります。また、料金体系もシンプルになっていて、カード発行料+月額基本料金+利用料金のみで入会金は不要。法人、学生プランの場合は月額基本料無料だったり、お得なパックプランの6時間パックとナイトパック3種類が人気を得ているようです。

 

サービス提供会社:タイムズ24株式会社
システム:車載型
サービス提供地域:全国43都道府県
ステーション数:約7,500ヶ所

公式HP

https://plus.timescar.jp/

 

オリックスカーシェア

オリックスでは、プランを豊富に揃えていて、利用目的に合わせてプランを選ぶことが可能。個人Aプランは、月額基本料2,000円分がサービス料金に充当されるので実質2時間半が無料で乗れます。もう一つの月額基本料が0円の個人Bプランの場合は使わない月があっても月額費がかからないため安心です。また、利用料金割引キャンペーンも定期的開催されているようなので、サイトを要チェックしてお得なタイミングを見計らって利用してみるのも良いかもしれません。

 

サービス提供会社:オリックス自動車株式会社
システム:車載器
サービス提供地域:東京・千葉・神奈川・愛知・三重・岐阜・京都・大阪・兵庫・沖縄
ステーション数:約1,350ヶ所

公式HP

http://www.orix-carshare.com/

 

careco(カレコ)

首都圏に特化した展開が特徴で,三井のリパークに積極展開中の「careco」。入会金は無料なので試しに利用してみるのには良さそうです。また、学生の場合は月額基本料が無料になる何とも嬉しいプランまであります。なので、他のカーシェアリングサービスと比較すると学生会員が多いとのこと。他にも「平日利用が中心」という方向けのリーズナブルな平日10分80円からの「平日プラン」など、気軽に利用できるプランを多数揃えているのが特徴です。

 

サービス提供会社:カーシェアリング・ジャパン株式会社
システム:予約管理システム(スマホ認証)or車載機(ICカード認証)
サービス提供地域:東京都内,神奈川,埼玉,千葉
ステーション数:東京都内中心に約950ヶ所

公式HP

https://www.careco.jp/

 

Anyca(エニカ)

株式会社ディー・エヌ・エーが展開するカーシェアリングサービスです。個人間でのやり取りになりますが、気分やシチュエーションに合わせて、幅広いバリエーションの車を自由に選べるのが魅力です。スマホで簡単に登録でき、アプリ内のチャットで持ち主とのコミュニケーションをとることが可能。サイトもシンプルなデザインで見やすいので、使い方なども一目で理解出来そうです。

 

サービス提供会社:株式会社ディー・エヌ・エー 
サービス提供地域:全国
ステーション数:個人間でのやり取り

公式HP

https://anyca.net/

 

cariteco(カリテコ)

「cariteco」は、名鉄協商株式会社が運営しているカーシェアリングサービスです。なのでサービス提供も名古屋限定。「cariteco」利用中は、名古屋市内を中心とした約700ヶ所の名鉄協商パーキングが無料で利用することが可能なため、名古屋にお住まいの方にはオススメです!また、名鉄manacaを「cariteco」のIC カードに登録出来るので,登録手数料もかかりません。名鉄電車・バス、地下鉄と「cariteco」が1枚のカードで利用可能となっているためとても便利です。

 

サービス提供会社:名鉄協商株式会社
システム:車載型:ICカード
サービス提供地域:名古屋市内
ステーション数:名古屋市内に約150ヶ所

 

公式HP

http://cariteco.com/

 

CaFoRe(カフォレ)

CaF0Re(カフォレ)は車を貸したい人と借りたい人を個人間で繋ぐサービスです。借りる側はレンタカー感覚でお財布に優しく車をレンタルすることが可能で、貸す側としては、使用しない時に車を提供することで副収入を得ることが出来ます。個人間のやり取りになるので車のレンタル料金も500円からと条件が合えば破格で借りれる場合もありそうです。ただここで心配になってくるのが、万が一事故にあった時です。CaF0Re(カフォレ)のサービス利用前に加入することが義務付けられている「レンダー補償」で最大30万円まで補償されるとのことですが、その後トラブルにならないためにも、借りる側と貸す側の相性も重要になってきそうですね。

 

サービス提供会社:株式会社 WAKE
サービス提供地域:全国
ステーション数:個人間でのやり取り

公式HP

http://cafore.jp/

 

エコロカ

1台の車の月間利用可能時間の上限を設定する代わりに、通常プランより最大41%も安くなるプランや、会員だけで車をシェアするマッチングカーシェアリングプランといったユニークなプランもあります。利用時間が1~2時間といった短時間から、レンタカーのように12時間・24時間といった長時間まで利用することも可能。24時間365日予約問合せができるので急に車が必要になった時に利用するには良いかもしれません。予約がとれれば、なんと5分後から利用することができるのには驚きです。

 

サービス提供会社:日本駐車場開発株式会社
システム:車載型 ICカード
サービス提供地域:東京都内,横浜,名古屋,大阪,兵庫など
ステーション数:全国で約80ヶ所

公式HP

http://www.ecoloca.jp/

 

D-share(D-シェア)

大和ハウス工業子会社の大和リースが提供するカーシェアリングサービスがD-shareです。自社で運営する複合施設や、立体駐車場などにステーションを配備しています。「D-share」では入会時の登録料が0円。カード発行手数料の1,000円のみなので、入会時の負担がほとんどありません。また「D-share」では、他のカーシェアリングサービスと違う大きな特徴として、「48時間パック」と「72時間パック」という「超」長時間パックを設定しています。これならちょっとした遠出旅行にも活用できそうですね。

 

サービス提供会社:大和リース株式会社
システム:車載型 ICカード
サービス提供地域:東京・千葉・神奈川・埼玉・京都・大阪・兵庫・奈良・福岡
ステーション数:全国で約72ヶ所

公式HP

http://www.daiwalease.co.jp/carshare/index.html

 

earthcar(アースカー)

「earthcar」は入会金と月額基本料が完全無料で、クルマを使わない月はお金がかからりません。また、他社のカーシェアリングサービスとは異なっており、フランチャイズ制で全国展開しているのが特徴です。各地のオーナーが独自にカーシェア車両を用意しているので、様々な車両に出会えるのも魅力の一つです。また、フランチャイズ型なので、大手企業が進出出来ていない郊外でも利用することが可能なステーションが点在しているので要チェックです。

 

サービス提供会社:株式会社アース・カー
システム:車載器
サービス提供地域:北海道・宮城・東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・静岡・愛知・三重・京都・大阪・兵庫・奈良・滋賀・徳島・広島・福岡・大分・熊本
ステーション数:約250ヶ所

 

公式HP

http://www.earthcar.co.jp/

 

BMWi 3

現在、BMWでは100%電気で動くBMWi 3のカーシェアリングサービスを行っているので、憧れのBMWに乗るチャンスです。3時間、6時間、24時間のプランが用意されているので用途に合わせて利用するのも良いかもしれませんね。しかし、現在日本でこのサービスを行っているのは、虎ノ門にあるBMW i Megacity Studioのみです。直接車を取りに行ける方限定になってしまいますが、電話でも受け付けを行っているので気になる方は問い合わせしてみると良いでしょう。

 

サービス提供会社:BMW株式会社
サービス提供地域:BMW i Megacity Studio
車種:BMWi 3

 

公式HP

http://www.bmw-i.jp/Carsharing/

 

スムーズレンタカー

HONDAが運営するスムーズレンタカー。名前はレンタカーとついていますが、WEBサイト上での登録だけで会員登録から予約までオンライン完結します。24時間予約可能で、HONDAの車をなんと12時間3,980円から利用することも出来ます。何かあれば24時間365日サポートオペレーターが対応してくれるので安心ですね。

 

サービス提供会社:株式会社ホンダカーズ東京中央
サービス提供地域:東京23区内
車種:HONDA車両

 

公式HP

https://honda-smartrental.com/station/

 

レンタカーとカーシェアリングどっちがお得か

ここまで、カーシェアリングについてご紹介してきましたが、レンタカーとカーシェアリングでは一体何が違うのでしょうか。下記に違いをまとめてみました。

 

基本的に月額利用料がかかる

ご紹介したサービスの中には月額利用料がかからないものもありましたが、基本的にはまだ月額利用料がかかるサービスの方が多いように感じます。また、月額がかからない場合は、1回あたりの使用料が割高の場合もあるので、確認する必要がありそうです。

 

ガソリン代を支払わなくて良い

カーシェアリングサービスの場合は、ガソリン代を支払わなくてもOKというメリットがあります。レンタカーの場合は最後にガソリン満タン返しが必要だったりと、少し手間だったりもします。ちょっとした手間ですが、意外に精神的にも経済的にもプラスに気にしなければいけないことだったりするので、負担が軽減されるのではないかと思います。

 

直前予約も簡単にできる

レンタカーの場合は数日前には予約をしなければいけないことが多いですが、カーシェアリングの場合は、ほとんどがWEB上で簡単に予約ができる上に、希望の車が空いていれば5分後には利用することが可能だったりと柔軟性があります。

 

料金の設定システムが違う

レンタカーの場合は最低利用時間が比較的長く、6時間からというプランが多いようです。それに比べて、カーシェアリングサービスの場合は15分から利用可能だったりと短時間での利用が出来ます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。根っからの車好きでカスタマイズをしたい等の方には、カーシェアリングは難しいかもしれませんが、維持費などを計算してみて、もしあまり使用頻度も多くないのであれば、特別な日にだけ憧れの高級車を借りて出掛けるなんていうのも良いのではないでしょうか。また、レンタカーとカーシェアリングサービスを選ぶ際には、「利用頻度」と「利用時間」によってどちらを利用するか判断するといいでしょう。

今やカーシェアリングは短時間から利用可能で、燃料費・自動車保険料込み、お得に利用できるものが数多くあります。しかし、何事にもメリット・デメリットの両方が存在するので、きちんとそれらを理解した上で賢く利用することが必要ですね。

 

参考

*1 http://www.keicar-info.com/ijihi/1nenkan.html

人気商品・サービスランキング

カテゴリ別商品・サービスランキング