close
ログイン
Facebookでログイン
or
パスワードを忘れた方はこちら
新規会員登録はこちら
close
ログイン
close
ログイン

いただいたメールアドレスへ
パスワード設定のお知らせをメール致しました。

通常数分でメールが届きますが、
30分経過してもメールが届かない場合は
下記までお問い合わせください。

GoooD運営事務局

新規会員登録
close
パスワード再発行

動画を研究するブログ 動画アカデミー

2017.01.23

テレビ電話は「足を運ぶ営業」を不要にするだろうか。

電話が登場したとき、そのあまりの便利さに「人々が直接出会わなくなる」という都市伝説的な話がありました。

その予見は大外れに終わり、むしろ電話のお陰で人々はより気軽に出会えるようになりました。

 

時が流れ、電話が普及すると人々はテレビ電話の登場を予見し、「今度こそ、人々は直接会わなくてよくなる」と想像する人たちがやはり存在しました。

ご存知の通り、そしてそれはスカイプを皮切りに、インターネットの出現と共に、あっという間に実現しましたが、今のところ「人々が出会わなくなっている」ようには見えません。

 

しかし、実は「ビジネス」の世界ではそれが大きく変わるかもしれません。

時間がますます貴重になり、「テレビ電話」の世界が更に便利になろうとしているからです。

「実際に足を運ばずに」商談をまとめることができれば、大きな時間の節約になるばかりではなく、遠隔地との取引も行うことができます。

 

あるweb系の個人コンサルタントはこう言います。

「今は物理的にオフィスを持つ必要がない。わざわざその会社に行く必要もない。引き合いがあった時は、スカイプで営業すればいいし、そもそもなぜ会う必要があるかがわからない。」

そして、この言葉通り、最近では、わざわざ顧客にあって営業をしないビジネスパーソンがたくさん出てきており、中には地方へ移住し、遠隔地から仕事を請けているという方も数多くいます。

 

その典型がテクノロジーやデザインなど、クリエイティブな分野をを扱う中小、スタートアップ企業、そしてフリーランスです。

彼らは社内リソースの少なさ、さらにさらに、webサービスの本家であるアメリカ、シリコンバレーの影響を受けていることもあり、「直接足を運んでの営業」を嫌います。

元来アメリカは「広大である」という地理的な制約の影響で、直接足を運んでの営業が難しく、「問い合わせをもらってそれに対応するだけで受注できること」に力を注いでいますから、当然のことではあるでしょう。

 

一方で、日本の都市で働く人にはこれが意識されにくいでしょう。顧客によっては「直接あって話さないと不安だ」という方もまだ多いからです。

 

しかし、現実的には「足を運ばないで受注を獲得するためにはどうするか」を考えることは非常に重要です。

なぜなら、営業コストが大きい会社は儲からないからです。

例外として「フルコミッション営業」といった手法を使う会社もありますが、根本的に営業部隊は単なる「コスト」です。

この「コスト」にメスを入れるためには営業に対する考え方を根本的に改める必要があります。

 

それに絡み、最近、営業界隈で話題になっていたのは、「アピアーイン」や「ベルフェイス」といった簡便なテレビ会議システムを営業に使うことを支援するサービスです。

これらのサービスは「顧客先に足を運ぶコスト」を大きく減らしてくれるのではないかと目されています。

 

例えば、アピアーインは、登録もインストールも不要で、リンクを相手に送ることができればブラウザをベースとしたテレビ会議を行えるサービスです。

スクリーンショット 2017-01-20 9.10.45

アピアーインが営業を変えうる可能性を持っていることは想像に難くないでしょう。

SkypeやFacetimeと言った従来のサービスはアプリのインストールや登録などの煩わしい手続きが必要であり、初対面の人と使うには向いていませんでした。

しかしアピアーインはブラウザさえあればこれが成立してしまう。メールでの問い合わせから、アピアーインでのテレビ会議、という流れは非常に自然で、シームレスです。

 

さらに日本においても最近資金調達をしたベルフェイスというサービスがあります。これは従来の「電話での問い合わせ」をテレビ電話化しようというサービスです。

スクリーンショット 2017-01-20 9.18.02

従来、電話で受けた問い合わせでは、相手の顔は見ることができませんでした。

しかしこの仕組を用いれば、顧客にベルフェイスのサイトにアクセスしてもらうことができればすぐにテレビ会議を始める事ができます。

 

「電話だけと何がちがうのか」という意見もあるでしょうが、「顔を見て話す方が安心できる」という人がいるのもまた事実です。

従来では足を運ばなければ見えなかった顔も、こうして電話とwebを連携させることで「顔の見える営業」とすることができるのです。

 

そこにニーズがあれば必ずサービス化する人がいる、というのは現代の大きな特徴です。

その1つの現われが、上のような「ちょっとした便利」を提供するサービスなのかもしれません。

 

 

3

圧倒的な反響率 「法人営業用リスト作成ツール」

  • 営業リスト作成
  • 営業支援

株式会社ビズオーシャン

ソーシャル企業情報は法人営業リストを簡単に作成できる便利ツールです。

人気商品・サービスランキング

カテゴリ別商品・サービスランキング