close
ログイン
Facebookでログイン
or
パスワードを忘れた方はこちら
新規会員登録はこちら
close
ログイン
close
ログイン

いただいたメールアドレスへ
パスワード設定のお知らせをメール致しました。

通常数分でメールが届きますが、
30分経過してもメールが届かない場合は
下記までお問い合わせください。

GoooD運営事務局

新規会員登録
close
パスワード再発行

動画を研究するブログ 動画アカデミー

2017.01.31

2分動画でわかるマーケティングオートメーション(MA)とは

最近耳にするマーケティングオートメーション。ビジネスマンなら、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

でもマーケティングオートメーションのことを完全に理解している人は少ないはずです。近年ではスマートデバイスの普及によって、IoT化が進み、いつでもどこでもサービスを受けられるオムニチャネル時代に突入しました。

さらなる利益を生産するために、企業のマーケティング活動も進化を求められています。従来のマーケティングであるリターゲティング広告や一斉メールでは顧客の興味関心は可視化できず、あまり効果は期待できません。マーケティングオートメーションを活用すれば、顧客とのああゆる接点を一元管理し、長期間に渡り顧客との接点をデータベース化、そのデータを元に興味関心を可視化し、企業に更なる利益をもたらします。

 

s_MAJIN1

s_MAJIN2

※1 Geniee社開発のマーケティングオートメーションMAJIN

 

簡単にまとめると、顧客のデータを自動で一元管理し、それを基に効率的にアプローチをすることによって利益の拡大を得られるというものです。

 

市場から見るマーケティングオートメーションの需要

マーケティングオートメーションの誕生は、1992年と言われています。(出典MarkeTimes)それから少しずつ認知され始めたのは、2000年頃からです。その後マーケティングオートメーションの市場規模は、2004年代〜2009年の5年で約7.5倍拡大しました。現在もマーケティングオートメーション市場は拡大しています。

2015年の国内BPOサービス市場規模は前年比4.5%増(IDC Japan調べ)に対し、2014年のMAサービスの市場規模は事業者売上高ベースで168億円であったことから、前年比で31%増加している急成長市場と言えます。(Marketsand Markets)      
  ※2 2016年最新マーケティングオートメーション市場動向レポート 

市場拡大の要因としては、スマホやSNSなどの普及、テクノロジーの進化によってマーケティングのデジタル化が進み、顧客の詳細なニーズを把握する必要性が増したことや、企業におけるマーケティング活動の費用対効果が強く意識されるようになったことを要因として挙げます。

マーケティングオートメーション市場は年々増加傾向にあり、今後もさらなる拡大が予測されています。

 

マーケティングオートメーション導入による得られる効果

マーケティングオートメーション導入により、得られる効果はいくつかありますが、その中で最も効果を発揮するのは、商談の効率的創出ではないでしょうか。顧客が、Webサイトを訪問したというデータや、興味関心が高まっているというデータを抽出し、適切なタイミングで適切な顧客に電話等でアプローチができ、商談の確約を大きく引き寄せることができるからです。

・マーケティングオートメーションを活用し、最も成果を出している企業は、商談数が約4.5倍に増加している。(The Annuitas Group) ※3 http://annuitas.com/ 

・マーケティングオートメーションを導入することで、営業の生産性を14.5%向上させ、マーケティングの人件費を12.2%削減できる。(Nucleus Research) ※4 http://nucleusresearch.com/

上記のデータから、マーケティングオートメーションは、商談数を増加させ、なおかつ営業の生産性を向上、人件費の削減をできることから、企業の営業活動において力を発揮することがわかります。実際に実際に導入して成功した例として東京商工リサーチさんの事例を挙げます。

 

 

東京商工リサーチがマーケティングオートメーションを導入したところ、前年の2倍位以上の売り上げ効果が発揮されました。

 

まとめ

近年、様々な分野で急速にIoT化が進みつつあり、今後収集できる情報は膨大な量となり、さらにマーケティングオートメーションの性能は向上し、営業活動の効率化に大きく貢献すると考えられており、データから見ても導入を検討する価値はあると思います。

とはいえ、マーケティングオートメーションを導入すれば必ずしも商談の確約率が向上するというわけではありません。商材や企業の課題によって相性もありますし、そもそも導入する以前にまだまだマーケティング課題の改善余地がある場合もあります。

導入を検討されている方は、もう一度課題を見つめ直し、商材とマッチするかをよく考えてからでも遅くないのではないでしょうか。

 

参考

※1 Geniee社開発のマーケティングオートメーションMAJIN

マーケティングオートメーションとは何か? (イノーバ)
https://innova-jp.com/201602-make-the-most-of-ma/

マーケティングオートメーションの歴史とトレンド
http://marketimes.jp/marketing-automation-history

Marketing Technology Landscape Supergraphic (2016)
http://chiefmartec.com/2016/03/marketing-technology-landscape-supergraphic-2016/ 

※3 http://annuitas.com/ 

※4 http://nucleusresearch.com/ 

マーケティングオートメーションの課題と未来(2016年度版)-技術面での課題
https://satori.marketing/marketing-blog/marketing-automation/technology-issues_2016/ 

※2 2016年最新マーケティングオートメーション市場動向レポート
https://mieruka-b-dash.com/about-ma/blog/2178/ 

国内BPOサービス市場予測を発表
http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/201604131Apr.html

人気商品・サービスランキング

カテゴリ別商品・サービスランキング