close
ログイン
Facebookでログイン
or
パスワードを忘れた方はこちら
新規会員登録はこちら
close
ログイン
close
ログイン

いただいたメールアドレスへ
パスワード設定のお知らせをメール致しました。

通常数分でメールが届きますが、
30分経過してもメールが届かない場合は
下記までお問い合わせください。

GoooD運営事務局

新規会員登録
close
パスワード再発行

動画を研究するブログ 動画アカデミー

2016.09.01

当事者意識の違いと幸せな人生の関係性について

私はサラリーマン時代に幸いなことに、何人も優秀と思える上司に出会ってきました。彼らがよく言うセリフは、

「当事者意識を持って、仕事しよう」です。

「当事者意識を持てと言われてもなぁ~・・・」と思う方も多いかと思います。

 

当事者意識とは?

当事者意識とは、自分自信が、その事柄に直接関係すると分かっていること。
関係者であるという自覚。
引用元:https://kotobank.jp/word/当事者意識-679134

と抽象的でピンときませんね。

 

人により捉え方や考え方は様々ですし、これといった言葉の定義はないのですが、この動画は具体的にイメージできると思います。長尺ですが、ぜひ視聴をおすすめします。

 

この動画では、相手に頼まれたことを、自分事のように捉え、相手と同じ立場で、相手以上に考える。それを当事者意識といっています。上司は、誰かにお願いする時には、自分の問題意識を基準にして、それをどれだけ自分ごととして本気で考えてくれる人なのか、と無意識に考えています。

 

上司が無意識に期待している当事者意識とはなんなのだろうか?

上司が無意識に期待していることとは、物事の問題意識を大きく超えて、問題を解決するためのアイデアや行動がどんどん出てくる人です。

 

仕事を依頼する人からすると、こんなに心強い人はいないですね。これができると、いろいろな人に頼られ、どんどん責任の大きい仕事を任せれるはずです。

 

6

これは私も現場で幾度なくみてきました。発言力がある人、行動力がある人だけが、成果を出せている人とは限りません。結局のところ、上司から意見を求められた際、どれだけ当事者意識をもってコミュニケーションできるか。それができると、相談をしてきた人は感謝し、また何かあったときには相談しにきます。

 

そのサイクルがうまくいきだすと自然に、「こんなの任せたいんだけど」「こういうの手伝ってもらえない?」と仕事が入ってくるようになる。あとはその波に乗って大きな仕事をたくさん経験でき、他の人よりもスピードを増して成長していきます。

 

量から質への転換スピードが、成長スピードを高める。

 

ここが大きな仕事を任せてもらえるかもらえないかで、どんどん差がつきます。そういう人に限り、「たまたま運がよかっただけですよ。」と謙遜します。周りの人は「あいつ運いいなー!」「先輩に気に入られてずるい」と言う人もいるかもしれないが、大半はその人の日々思考を止めない努力の結果だと思います。

 

この動画にもあるように上司や相手が考えている事はなんだろう?相手は何をおもっているんだろう?をどれだけ自分の事として考えれるかは非常に重要だと思います。

 

7

 

上司・先輩であるあなたは、どう部下・後輩に伝えるべきか

自分が上司の立場の場合も気を付けなければいけません。「当事者意識を持て!」と言う前に、「どのような問題を」「どのような視点から」考えて欲しいのか、自分の考えを具体的に落とし込み、相手にわかりやすく伝える必要があります。

 

また、求める視点から考えてもらうためには必要な情報を提示しなければなりません。「新規サービスの営業戦略を考えてほしい」と部下に言っても、新規サービスの概要や特徴、組織的にどう求められているかなど、現状の目標と課題をメンバーに提供しながら話さなければいけないでしょう。

 

上司が部下に高い目線を求めることは、必要なことだと思います。ただし、上司自身が思考停止してしまっており、何とかしてほしいがために、「当事者意識を持て!」と言い放つだけなのは、考えを改める必要があるのかもしれません。

 

 まとめ

当事者意識は相手の事を考えるという当たり前のところから意識できる事だと私は思います。日常的に当事者意識を持てるように本気で考えることは大変だけど、自分の力がつくし、頼られるし、楽しい!

 

それを自然にできるようになったら、あとはもう勝ちです。そういう人は、楽しくやりがいをもって仕事しているなーっと思います。

 

人気商品・サービスランキング

カテゴリ別商品・サービスランキング