close
ログイン
Facebookでログイン
or
パスワードを忘れた方はこちら
新規会員登録はこちら
close
ログイン
close
ログイン

いただいたメールアドレスへ
パスワード設定のお知らせをメール致しました。

通常数分でメールが届きますが、
30分経過してもメールが届かない場合は
下記までお問い合わせください。

GoooD運営事務局

新規会員登録
close
パスワード再発行

株式会社プルークス

動画制作、映像制作、動画マーケティング

商品ストーリー

広報は社外向けだけでなく、実は社内が大切?! ベンチャーにこそ広報が重要な理由

動画制作会社で広報を採用

プルークスは設立して2年で、
業界トップクラスにまで成長しました。
平均年齢27歳ととてもフレッシュでフレキシブル。今後、更なる飛躍を遂げるために、この度専任の広報を採用しました。

なぜ広報が必要なのでしょうか

広報というものは意外と忘れられがちなポジションで、あまり重要視をしていない企業も多いのではないでしょうか。
でもスタートアップに必要なことは「ブランディング」なんです。
自社をどうやって世の中に浸透させていくのか、この浸透力によって自社に与える影響はすごく大きいのです。
特にベンチャー企業は知名度もないので、自社の強みや魅力を発信していかなければいけないんです。知名度があるかないかで営業の動きやすさは変わってきます。

その知名度を発信していくのが広報の役目。
広報はいわゆる営業のための種まきする重要なポジションなんです。
また、広報とは社外向けのものだと考えがちだが、社内広報のほうが実は大切。
特にスタートアップにこそ必要なポジションである。

それはなぜか、スタートアップのメンバー会社=会社のイメージにつながるのです。
社員一人一人を会社の顔とし、ブランドとして育てる。
そして、社内に正確な情報をまわす役目でもあるのです。

知名度をあげるということはどういうことですか?

例えば、採用で考えると、知名度があるかないかで採用力のに大きな差が出ます。知名度がある会社とない会社では
そもそも応募総数が違います。

次に、競合他社との差別化で顧客にも影響のある「価格競争」
知名度がないと価格競争に巻き込まれやすいのです。

知名度があれば、信用力も上がり、お客様からご指名いただけるようになるんです。
そうなると、サービス価値も向上して、顧客のロイヤリティー強化にも繋がるんです。

5

コンサル型の動画マーケティング会社

動画制作実績1000本以上の動画制作会社です。動画マーケティングを得意とし、企業紹介、採用、商品紹介動画など様々なジャンルの動画を制作しています。また、CGや実写、アニメーションなど、表現手法も豊富で、お客さまに合った動画をお手頃の価格で提供しています。

株式会社プルークスの商品・サービス